スポンサーリンク

賃貸経営に影響する礼金

稼ぐことを目的にして賃貸経営をしている方はたくさんいらっしゃいます。

 

多くの方は、不動産会社に仲介依頼をしていると思います。

 

 

大手なら安心ですか?

 

愛想の良い営業マンだと信頼しちゃいますか?

 

 

 

いつまでも入居者が決まらな物件がありますが、物件の立地や設備などの条件が悪くて入居者が決まらないということばかりではありません。

 

 

 

入居者がなかなか決まらない理由のなかのひとつに「礼金」があります。

 

 

不動産会社に仲介依頼をしている方、ご自身が仲介依頼している物件の物件情報を確認していますか?

 

 

入居者募集条件に礼金が設定されていませんか?

 

 

 

賃料が安い物件など、不動産会社が勝手に礼金設定していることがあります。

 

 

入居者が入ってくれるように、「仕方が無いけど賃料を下げよう」と決めて、賃料を下げた大家さんもいるでしょう。

 

 

少しでも設備を良くしようと、ウォシュレット式のトイレにしたり、モニターフォンを設置したり、内装をリフォームしたりと、努力をしてる大家さんはたくさんいらっしゃると思います。

 

 

 

しかし、その努力を無駄にしてしまうのが礼金です。

 

 

賃貸物件は全国的に空室がたくさんあります。

 

次々に新築物件がでてきます。

 

 

ただでさえ選ばれにくい築年数が古い物件など、せっかく賃料を下げたり設備を良くしても、物件検索の時に「礼金なし」の物件を検索条件にされることが多いので物件を知ってもらうことすらできません。

 

 

 

 

不動産会社に任せっぱなしの大家さん、物件情報を確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

礼金が設定されているようなら、礼金設定を外してもらえないか交渉してみましょう。

 

 

礼金設定を外してもらえないのであれば、他社にも仲介依頼相談をするほうがいいときもあります。

 

 

ご自身で契約書等を準備できたりするのであれば、手間はかかりますがインターネットサイトの直接お客様を募集するサイトを利用するほうが早く成約できることもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク