スポンサーリンク

アマゾンのお坊さん便 賛成?反対?

アマゾンのお坊さん便が話題になっていますね。

 

 

お坊さん達の中でも意見が分かれているこのお坊さん便。

 

 

お葬式を行う場合、多くの方がお坊さんを招くと思います。

 

 

お坊さんやお寺と昔からお付き合いのある方、檀家の方であれば迷うことも少ないのかもしれません。

 

ですが、特にお付き合いのない方、檀家でもない方など、お坊さんやお寺との関わりのない人が困るとき、それは家族などが亡くなった時です。

 

 

 

病床生活や治療を行っていたなかでお亡くなりになられてしまった場合は、もしかしたら葬儀に関しての調べごとを済ますなどしていて慌てることなく高額の出費を控えることができるかもしれません。

 

 

ですが、例えばご家族などが突然お亡くなりになられた場合、病院や知人や近隣の方などからまずご連絡がくる場合もあります。

 

病院にかけつけると、担当した医師から説明があります。

 

この説明が終えると、「葬儀会社をどうしますか?」といった内容の話になります。

 

 

地域や慣習などによって異なると思いますが、葬儀会社を決めなくても、葬儀会社の車でご遺体をご自宅などに無料で送っていただけることもあります。

 

 

この時、病院でお付き合いのあるいくつかの葬儀会社の中から選択肢をいただけるわけですが、葬儀を行うとなればもちろん有料です。

 

葬儀のことをなにも知らない人の場合は、ご遺体をご自宅に送っていただくというだけで済ませることは難しいかもしれません。

 

 

今後、手続きやご遺体のことなどをどうしたらいいかわからないことがたくさんあります。

 

親せきや友人や知人に連絡をしないといけない、やることがたくさんある。

 

 

それなのに、ご家族などが亡くなったことで悲しみやショックで思考回路が働かないという方が多いのではないでしょうか。

 

 

こうなっていると、スマホなどで検索して葬儀会社を自分で探したり、葬儀なしで火葬だけにするといった選択肢があ棚から完全に抜けてしまうことがあり、血胸は病院から紹介された葬儀会社を選んでしまったという方が多いと思います。

 

 

 

葬儀を行う場合、会場の広さや花、参列していただ方へお配りするもの、霊柩車など、多くのことがカタログからランクから選ぶことになります。
(地域や慣習などによって異なるかもしれません)

 

 

亡くなられた方のことを思うと、少しでも良いものをと思い、ランクの高いものを選んでばかりいると、あっというまに50万円を超えていきます。

 

全部最高ランクを選べば、あっというまに総額100万円を超えます。

 

 

 

そして、今話題の「お坊さん便」と関係する部分だと思うのですが、葬儀にお坊さんにお越しいただくことになります。

 

お坊さんやお寺とお付き合いのある方であれば、葬儀にお越しいただく場合のお布施の金額についてはいくらなのか、お坊さん一人あたりにおいくらなのかなど、金銭的なことを把握したうえでお寺にご連絡してお越しいただくことになると思います。

 

ところが、このあたりのことをよく知らずに、葬儀会社の担当者との相談してお呼びしてしまうとびっくりしてしまう事態になってしまうことがあります。

 

 

お坊さんが3人または2人など、複数人で来られます。

 

人数が多ければその分お布施の総額がアップします。

 

お坊さんのランクによっても金額が上下します。

 

 

では、お坊さんにお越しいただくといくら必要になるのか、全国平均では40万円位と言われます。

 

 

私が知っている範囲では45万円オーバーのお寺がありました。

 

 

お坊さん2人、戒名などをお願いしてのお布施の総額です。

 

 

 

びっくりしました。

 

 

 

個人的には、アマゾンのお坊さん便には賛成で、とても良いサービスだと思います。

 

やはり、お布施などの金額が事前にはっきりわかることで安心できますし、金銭的に苦しい方など、特に出費を抑えたい場合にも出費に関する計画が立てやすいです。
さらには、「お気持ちでけっこうです」とおっしゃるお坊さんがいらっしゃいますが、ここで悩んでしまう方が多いと思います。

 

 

 

お気持ち?

 

 

本当にお気持ちでいいの?

 

それなら1万円にしたいよー!

 

 

でも相場では○○万円って言われるから迷っちゃうよっ!

 

 

といったように、おいくら用意するほうがいいのかはっきりしていないことで精神的に疲れてしまいますので。

 

 

 

 

経済的に苦しい場合などは、葬儀を行わずに火葬のみで済ませる場合もあります。

 

 

お墓がない場合は、お墓のご購入にも100万円前後からと高額の費用がかかりますので、今ではお墓を用意しない方もいらっしゃいますし、お墓の管理が難しくなり墓仕舞い(終い)される方も増えてきました。

 

 

 

 

このことから、もしもご家族が亡くなられた場合に葬儀はどうするか、お寺はどうするか、お墓はどうするかなど、ご家族で話し合って決めておくことで高額の出費を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

お亡くなりになられた方に借金はあった場合、お葬式を行うだけならいいかもしれませんが、新聞に掲載をお願いしてしまうと、お通夜やお葬式に債権者が来てトラブルとなってしまう場合があります。

 

ですので、お亡くなりになられた方に借金があるとわかっている場合、債権者がどういった人かなどにもよりますが、お葬式を行っても大丈夫か、新聞への掲載をしても大丈夫か、慎重にご検討するほうがいい場合もあると思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク