スポンサーリンク

スマホを初期化するとアプリは消えます

スマホを長く利用していると、ホームページの読み込みが遅くなってきたり、いろいろなエラーが表示されて、ブラウザが停止されたり固まってしまったりと不便なことが増えてきます。

 

 

ひどくなってくると、頻繁に再起動しなければいけないことになります。

 

 

 

さらにひどくなると、再起動をしてもエラーが直らずに、スマホを満足に使うことができなくってしまいます。

 

 

 

そうなると、スマホの動きをスムーズにさせたり、エラーを無くしたりと改善させるため、初期化を試すことになります。

 

 

初期化をすると、スマホ内にあるデータは消えてしまいます。

 

 

写真・ブックマーク・アプリ・ミュージック・動画などすべて消えてしまいます。

 

 

消えてしまって困るものは、初期化をしてしまうまえにmicroSDカードなどに保存しておく必要があります。

 

 

例えば、ドコモのスマホの場合、「便利ツール」⇒「ドコモバックアップ」⇒「microSDに保存」⇒「バックアップ」と進むと、

 

 

電話帳・spモードメール・画像・動画・音楽・ブックマーク・通話履歴・ユーザ辞書をmicroSDに保存しておくことができます。

 

 

ですが、アプリを保存することができません。

 

本体設定⇒詳細設定⇒「バックアップとリセット」に進み、「データのバックアップ」にチェックをしておくと、アプリのデータ・Wi-Fiパスワード・その他の設定をグーグルサーバーにバックアップすることができるとなっています。

 

 

ですが、購入時からスマホに入っていた基本的なアプリ以外のアプリはすべて消えてしまっていました。

 

これは、機種やアプリによっても異なるらしいです。

 

 

 

ソニー製品のスマホの場合、Xperia Companion(旧PC Companion)を利用することでバックアップできるとのことですが、使ったことが無いの詳細は不明です。(汗)

 

 

 

また、root権限があればcwmを利用して、端末からSDカードにフルバックアップできるらしいですが、詳しくない人間にはなんのことか
さっぱりわかりませんよね。

 

 

「スマホ バックアップ アプリ」などのキーワードで検索すると、いくつか保存アプリが見つかるので、気になる方はチェックしておくといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク