スポンサーリンク

アップル公式発表!iPhoneの想定使用年数は3年

アップルの公式ホームページで公開されたiPhoneの耐用年数が気になりますね。

 

 

アップルの公式サイトによると、iPhoneの使用年数は3年となっています。

 

 

耐用年数が3年なのか、ユーザーが使用するであろう年数が3年と想定しているのか。

 

 

耐用年数が3年だとしたら、3年は短いと思ってしまいます。

 

 

ユーザーが使用する年数が3年だとしても、じゃ3年使用できる程度の部品で組み立てられているとすれば、耐用年数が3年ということか。

 

 

気になりますね。

 

 

iPhoneの他には、iPadとapple watchの使用年数も3年となっている。

 

 

 

 

Macbookなどのパソコンやは4年となっている。

 

 

 

iPhoneは人気があり、購入者が多くいます。

 

 

新商品をどんどん試したいから3年で十分という購入者には気にならないかもしれません。

 

 

 

ですが、個人事業主や小規模法人などの方がビジネスで使う場合にはコスパが悪すぎるかもしれません。

 

 

コスパを優先するのであれば、やはり日本製のスマートフォンがいいのかもしれません。

 

 

 

別の記事でスマートフォンのバッテリー交換について書いたものがありますが、iPhoneもバッテリー内蔵となっており、バッテリーの寿命がきたら交換しないといけないわけですが、キャリアのショップに交換依頼をして預けることになるし、自分でバッテリー交換できるタイプのものとは違い、バッテリー代の他に交換費用も払うことになります。

 

 

 

iPhoneは人気なので中古でも売れます。

 

 

売る方はバッテリーの寿命のことなど気にかけていないでしょうけど、iPhonehを欲しいけど中古を買うということを検討している方は、新品を買う場合と同じくバッテリーのことも考えて判断することが大事ですね。

 

 

 

中古となれば、新品とは異なり、購入後すぐにバッテリー交換依頼をすることになる可能性が高くなります。

 

 

 

中古での購入費用に加え、購入後すぐにバッテリー交換費用の出費となるとキツイと思う方はご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク