スポンサーリンク

急病などで入院!入院費用と身元保証申込料

老後に不安を感じている方、一人暮らしで不安を感じている方、家族がいなくて不安を感じている方。

 

 

これらの理由で不安を感じている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

その理由のひとつとして、

 

「お金がない」。

 

 

お金が全く無いひともいれば、少しはあるけど十分ではないという方などいろいろだと思います。

 

 

贅沢をしなくて健康でいれば現状の収入や貯蓄で足りるという方は多いはずです。

 

 

 

 

ですが、食生活の悪さや不規則な生活、老いていくにしたがって健康状態が悪くなってしまった場合は入院をしなければいけなくなることがあります。

 

 

「入院だって別に困らない」と思う方もいるでしょう。

 

 

ところが、困ってしまうことがあり得るんです。

 

 

どのような時に困るかというと、

 

 

身元保証人になってくれる方がいない場合です。

 

 

最近では、身元保証人がいない場合は入院を断る病院が増えてきました。

 

 

身元保証人は、法律で定められているわけではないので任意なのですが、病院は入費用不払いなどでの経営悪化や、死亡した場合の引き渡しに困らないようにするためなどの理由で身元保証人を要求してきます。

 

 

なかには、事前に入院保証金んどの名目で多めに支払っておくことで身元保証人がいなくても入院させてくれる病院もあります。

 

 

ですが、お金がない方の場合は入院を断られてしまう場合があるのです。

 

 

 

 

このような時は、身元保証サービスを提供している会社や協会などに有料で身元保証を依頼しなければいけないこともあり得ます。

 

 

サービス料は身元保証サービスを提供している会社や協会などによって異なりますが、高額の場合は100万円以上必要となった事例もあります。

 

 

 

このことからも、お金を稼いで貯蓄しておくことは大事なんです。

 

 

 

身元保証サービスを依頼できない場合は、自分と同じく家族などがいなくて身元保証を頼める人がいない人と相互に身元保証になるという方法もあります。

 

しかし、身元保証は本人が入院費の不払いをしたときに代わりに支払い債務を負うため、相互に身元保証することを契約しておいても債務負担額に差が出てしまうことがあり、これもトラブルの元となってしまいます。

 

 

 

ですので、やはり自身でしっかり稼いで貯蓄をしっておくというのが安心できるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク