腰痛を楽にできる市販でおススメの腰痛ベルト ミズノのこれ

スポンサーリンク

仕事の敵 生活の敵 腰痛はこれで楽に

腰痛になるのは肉体労働者だけではありません。事務仕事のなど座りっぱなしの仕事をされている方も。

 

 

腰痛と聞くと、肉体労働をしている方がなるものだと思っている方もいると思います。

 

ですが、デスクワークの方もなるんですね。

 

腰痛の原因は、重たいものを持ち上げた、屈んだ姿勢を続けていた、腰に負担のかかる肉体労働をしている、座りっぱなしの仕事をしている、姿勢が悪い、廊下などで筋力が低下した、内臓に疾患があるなど、さまざな原因があります。

 

 

内奥疾患が原因の場合は難しいかもしれませんが、ベルト(コルセット)をすると楽になるという方が多いかもしれません。

 

 

私の場合は、家の中の片づけをしたとき、重たいものを持ち上げていたことと、昔からぎっくり腰になっていたことが原因で、慢性的に腰痛となってしました。

 

重たいものを持ち上げて腰痛になったときも、以前は1週間くらいすれば治っていたのですが、今は治らなくなってしまい、毎日辛い日々を過ごしています。

 

 

食料の買い物に行ったときなど、長時間立ちっぱなしになるのですが、腰痛がひどすぎて、立っていると腰痛と気持ち悪さに襲われるようになってしまいました。

 

これはヤバい!ということで、

 

ベルト(コルセット)を買おうと思い、アマゾンで買いました。

 

 

それがこれです。

 

(ミズノ)MIZUNO 腰部骨盤ベルト ワイドタイプ [ユニセックス] C3JKB502 05 ブラック×グレー M-L

 

 

 

 

買う前までは、ベルト(コルセット)で楽になるものなのかな?

 

 

ベルトの種類がいっぱいあるけど、いったいどれを買えばいいんだ?

 

となってしまって、数日悩みました。

 

 

 

テレビCMでバンテリンの腰痛ベルトを見ていたので、バンテリンのベルトでいいか!と思っていたのですが、

 

 

レビューを見ると、縫製に問題があるのか、レビューの内容が悪いものがたくさんあったので、探し直しとなり、このあとみつけたのがこのベルトでした。

 

 

(ミズノ)MIZUNO 腰部骨盤ベルト ワイドタイプ [ユニセックス] C3JKB502 05 ブラック×グレー M-L

 

 

 

バンテリンのベルト(コルセット)と比べると倍近くの価格でしたのでとても悩みましたが、有名なミズノのベルトだったのでこれに決定しました。

 

 

 

 

ベルトが届き、箱を開封。

 

 

えーっと、

 

 

 

上になるのはどちらだ?と迷いましたが、ミズノのタグがついていので、このタグの中の文字が逆さにならないようにした状態が上下が正しくなる装着方法かなと思い、まずはおお大きな面のベルトを装着。

 

マジックテープになっています。

 

 

この次に、大きなベルトの外側についている左右にある細いベルトを後方から前方にもってきて、同じくマジックテープで装着。

 

 

装着する時、お腹や腰のどのあたりの位置に装着すればいいのか迷いましたが、調べたところ、ベルトの上下の幅の中央に腰骨が収まる位置が正しいようです。

 

 

外側の細いベルトで締め付けの強弱を調整します。

 

 

私の場合はM-Lで丁度いいサイズでしたが、男性でも細身体系の方だと、締め付けを強くしたい場合に左右に外側のベルトを前方にもってきて、マジックテープで止めようとした場合、ベルトが余ってしまって締め付けが強めにできない場合もるのかもしれないと思いました。

 

外側のベルトを前方にもってきたときに、マジックテープのとめる場所を、例えば左側ベルトをマジックテープの下側に、右側からのベルトを上側にして固定すれば解決するかもしれませんが、細身体系の方はこのベルトの購入はやめて、Sサイズがあるベルトを購入する方が無難かもしれません。

 

 

 

これは、私がこのベルトを買って使用回数を重ねたうえでのレビューですが、このベルトを買ってよかったです。

 

かなり楽になりました。

 

 

買い物中、立っていると腰痛のせいで気持ち悪くなってしまい座りたくなってしまうくらいだったのですが、このベルトを装着してからは腰痛が増すことはないし、立っていても気持ち悪くなるということがなくなりました。

 

 

車の運転中など、いつのまにか背中がまるまっていたので、これも腰痛の原因になっていた一つだと思うのですが、このベルトをしていると、腰のあたりをガッチリサポートしてくれているので楽です。

 

 

ただ、連続した前かがみの姿勢(膝を伸ばした状態で、腰を90度近く曲げている状態)を長くしていると、このベルトでも他のベルトでもサポートの効果は無いのかもしれないのかなと思いました。

 

このベルトをしていても前かがみの姿勢を数分していたら腰が痛くなってしまったので。

 

 

縫製もしっかりしているのか、いまのところマジックテープがとれてしまったとか、不具合はありません。

 

 

商品説明には書いてなかったのですが、このベルトにも背中部分に縦に棒状のサポートが入っているようです。

 

 

触ってみると、2本の固い棒状の触り心地がする部分があります。

 

 

これなら更にがっちりサポートしてくれるんだろうなと納得できました。

 

 

 

こんなに楽になるなら、もっと早く買えばよかったです。

 

半信半疑だったので躊躇っていたのですが(汗)

 

 

おススメのベルトです。

 

 

(このベルトは、LLサイズもあります。)

 

 

バンテリンのベルトより高いですけどね。

 

 

価格が気になる方は、とりあえずはバンテリンのベルトを買ってみるのもいいかもしれませんね。

 

商品の当たりが良ければ縫製もしっかりしていて、マジックテープがとれた!なんてことは無いですから。

 

バンテリンのベルトもサイズはいろいろあります。

 

 

バンテリンサポーター 腰用 しっかり加圧タイプ ブラック ふつうサイズ 胴囲(へそ周り) 65~85cm

 

 

 

バンテリンサポーター 腰用 女性用 ブラック ふつうサイズ 胴囲 65~80cm

 

 

 

 

ベルト(コルセット)の着用では根本的な解決にならず対処療法でしかないとも言えます。

 

重たいものを持ち上げた、悪い姿勢を長く続けたなど、腰痛になるような心当たりがないのに腰痛が発生した場合は内臓疾患がある場合があり得ます。

 

早めに病院で診察してもらいましょう。

 

腰ではなく、肩甲骨あたりなど背中に痛みが出た場合も同様です。
内臓疾患がある場合がありますので、気になる場合は早めに病院で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク