学生など無知な方を過酷な労働をさせたり過剰な責任を持たせるブラックバイト。辞めることは割ることではない!

スポンサーリンク

ブラックバイトは辞めてOK

2017年3月13日の国会参議院予算会議だったかな、
公明党の議員がブラックバイトについて取り上げていました。

 

ブラックバイトとは、学生など無知であったり経験が乏しいことにつけこんで過酷な労働をさせて試験に悪い影響を受けることになってしまったり、
学生なのに店長にされてせ重い責任を課せられたりするアルバイトのことです。

 

 

まず、アルバイトでも、
バイト代は、毎月、あらかじめ決められた日に、全額支払われるのが原則!
アルバイトでも、残業手当がある
アルバイトでも、条件を満たせば有給休暇が取れる
アルバイトでも、仕事中のけがは労災保険が使える
アルバイトでも、会社が自分の都合で自由に解雇することはできない

 

 

 

 

このブラックバイトを辞めようとすると、

 

会社から「そんなことじゃ社会に通用しない!」など言われ、

 

「辞めれない」と思ってしまい、いつまでもこのブラックバイトを続けてしまう人がいます。

 

 

会社に対して「辞める」と伝えれば、

 

 

あれこれ言われ辞めさせないように仕向けられることもあるでしょう。

 

 

知識が無ければ反論する言葉も出ません。

 

 

反論する言葉、異議を伝える言葉が出なければブラックバイトを良しとしている会社の人間からすれば扱うのは楽なものでしょう。

 

反論や異議の言葉も出ない、大人の言う言葉に圧されしまう。

 

 

大人がする威圧的な態度に臆病になってしまって辞めれない。

 

 

こういったこともあるでしょう。

 

 

 

ですが、反論や異議の言葉をだせなくても、

 

もしもあなたの「精神が崩壊してしまいそうだ!」といった場合、

 

威圧的な態度をされた、ひどい場合には脅迫まがいのことを言われた場合など、警察に相談しても対応してもらえないでしょうが、万が一のことを考えて警察に相談しておく。
そして、警察に相談してあることをブラックバイト先の社員に伝えておくなどして自分なりの防衛策を行っておく。

 

 

試験などに悪い影響が出てしまっているし明かに違法労働をさせられているといった場合など、辞めてしまってかまわないんですよ。

 

 

辞めてしまって次のバイトを探せばいいんです。

 

 

 

ブラックバイトを改善する気のない会社にあれこれ言っても改善されないことはよくあると思います。

 

改善要求をしても改善されなければ辞めてしまえばいいんです。

 

 

「辞める」と伝えても「来い」と言われたら、行かなければいいんです。

 

こうすると働いた分のバイト代を払わないという会社もあると思いますので、これについては諦めるか、労働時間数や会社とのやりとりなどを記録しておいて、労働基準監督署に相談をしてみる。若しくは本社がある会社なら本社に相談してみるなどの対応をしてみましょう。

 

これでダメならバイト代は諦めるほうがいいこともあります。

 

ブラックバイトを平気でさせる会社といつまでも闘うことを選んだとしても、自分一人対会社との闘いは楽なものではありません。

 

 

特に、学生と言うことであれば本業である学業を大事するべきでしょう。

 

そして、まずは身体を大事にするべきです。

 

 

いつまでもブラックバイトを続けて得るものはなにか。

 

試験に悪い影響がでる、精神的に病んでしまって通院するハメになってしまうなど、大変な事態になってしまうこともあります。

 

 

「辞める」ことは悪いことではありません。

 

 

 

厚生労働省のホームページにこのようなページもあります。
https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/

 

悩んでいる方は観てみるといいかもしれません。

 

 

「辞める」ことを言い出しにくい場合には、家族や友人に代わりに会社に電話をしてもらって辞めることを伝えてもらったり、
ネットで捜せる便利屋さんのなかに退職を代わりに伝えるサービスをしているところもあります。
料金が発生してしまいますが、家族や友人などには頼めないといった場合には検討してもいいかもしれません。
費用としては1万円前後~2万円位が相場のようです。

 

ただ、悪質な業者もあるので注意が必要です。

 

 

労働条件など労働関係で困った場合は、全国の労働局や労働基準監督署などにある「総合労働相談コーナー」に相談することができます。
こちらも利用してみるといいかもしれません。
https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/soudan/index.html

 

相談ほっとラインへの電話番号が掲載されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク