安倍首相 トランプ大統領 Twitter ツイッター サイドビジネス ネットビジネス アフィリエイト 収入

スポンサーリンク

トランプ大統領が安倍首相スルー

トランプ大統領 安倍総理 会談 Twitter

 

トランプ大統領、安倍首相のたかがTwitter?されどTwitter?

 

 

2017年2月12日、トランプ大統領との首脳会談を終えた安倍首相が、
感謝の気持ちをトランプ大統領に『Twitter』で送ったけどスルーされていた。

 

このことが話題となっています。

 

 

2日間の首脳会談終了後、トランプ大統領(@realDonaldTrump)から安倍首相に、
「2日間のとても有意義な会談を終えて安倍首相は日本へ帰った」とツイートし、

 

これに対して安倍首相(@AbeShinzo)が
「ありがとう、トランプ大統領。温かいおもてなしに感謝します」とリプライを送っていました。

 

 

ですが、この安倍首相からのリプライに対してトランプ大統領は現在までにスルーしています。

 

 

このことが話題なんですね。

 

 

でも、別にスルーではないと思うんです。

 

 

トランプ大統領から発信、それに対して安倍首相が返信をしたようなものなので、すでに会話が終わっていると言えば終わっているんですからね。

 

 

安倍首相のリプライが質問込みだったとしたらスルーされていると言われてもいいかもしれませんが、

 

 

リプライの内容からしたらトランプ大統領の立場からしたらこれに対して何と返信すべきか少し悩む安倍首相からのリプライの内容なのではないかと思います。

 

 

毎日何千通または何万通ものリプライを送られてきているであろうトランプ大統領ですから気づいてないかもしれませんしね。

 

(関係者からの知らせで気づいているとは思いますけどね)

 

 

もう一点話題になっていることが、トランプ大統領がフォローしている人です。

 

トランプ大統領は43人をフォローしているのですが、この中に安倍首相は含まれていません。
一方の安倍首相はトランプ大統領をフォローしているんですけどね。

 

 

首脳会談にあたっての準備面でも感じたことですが、日本政府や安倍首相が必死で下準備をして向かった首脳会談で、トランプ大統領は特別な対応はしていないと思うんです。

 

トランプ大統領と安倍首相が一緒にゴルフをしたとか、トランプ大統領の別荘に安倍首相が招かれたことで蜜月と言われていますが、本当に蜜月でしょうか。

 

 

なぜかというと、

 

 

この首脳会談で安倍首相がアメリカ側に提案する日米経済協力の原案として次のことがありました。

 

 

原案ここから
米国の鉄道などのインフラ(社会資本)投資で新たに4500億ドル(約51兆円)規模の市場をつくり、
70万人の雇用を生み出す。

 

提案は「日米成長雇用イニシアチブ」として、
米国内における世界最先端のインフラ整備

 

世界のインフラ需要開拓

 

ロボットや人工知能(AI)の研究開発

 

サイバー、宇宙など新分野での協業

 

雇用と防衛の政策連携

 

原案ここまで

 

 

 

なんとびっくり!

 

 

総額4500億ドル(51兆円)!! 

 

 

このお金、日本国民の年金の積立金(GPIF、ジー・ピー・アイ・エフ )からも持ち出すようです。

 

 

これだけのことをすれば、ゴルフを一緒にやるくらい、そして別荘に招待するくらいまったくたいしたことじゃありません。

 

 

蜜月ではなく、

 

 

 

弱いものが強いものに貢物をもってのこのこと訪問しただけととらえることもできます。

 

 

今回の日米首脳会談に関して各国の関係者達からも呆れた声や驚きの声がありますが当然ですね。

 

 

 

「媚びてる」

 

 

対中国や対北朝鮮の問題などでアメリカに協力してほしいという気持ちが強すぎると思います。

 

 

日本自体が日本を守れる防衛費の捻出をしたり、いいかげん考え方を変えるべきだと思います。

 

 

沖縄の基地問題など難しい調整などがあるのはわかりますが、いつまでも「外国にやさしく日本国民には厳しく」というやり方はやめてほしいです。

 

 

 

今回は51兆円、このほかにもいろいろな国に投資したり貸したりして返済されていないお金が莫大です。

 

直近ですと、ロシアのプーチン大統領が訪日した2016年12月15日・16日。

 

この時にはロシアへの経済協力として3,000億円規模の手土産を渡したとされています。

 

ロシアは北方領土を返還する気なんてないですよね。

 

「お金くれるの?ありがとう日本!」これで終わりです。

 

昔からですが弱腰ばかりの印象。

 

ODAだのなんだのいくら使ってるのか。

 

 

返済不可能とされ回収できていない金額は莫大です。

 

いったい、これらの回収日をいつと計算しているのか。

 

何のためにここまで外国にお金をつかっているのか。

 

 

 

 

 

これだけ使ってたら日本国内のいろいろな整備ができますね。

 

なのに、大金は外国。

 

日本国内のことは「予算不足」といい、

 

なにかするためには「増税!しかない」と言う。

 

呆れます。

 

 

日本では増税増税!

 

とにかく増税。

 

国会議員は減らない、天下り天国、官僚がやりたい放題。

 

増税して社会福祉などにとか言ってるけど、結局はザル法だから国会議員が不正につかう。

 

国民が不正と言うと、不正ではないが不適切とかいって逃げる。

 

官僚に都合の良い法律を作ってやりたい放題。

 

そして首相は貢ぎ外交やり放題。

 

 

増税されていて日本国が良くなったところがあるのでしょうか。

 

外国につかっているお金と比較したら僅かに良くなった部分もあるかもしれないといったところではないでしょうか。

 

日本の国民性がおとなしいから暴動や過激なデモが起きないのをいいことに無神経なことをやりすぎだと思います。

 

 

どういうことでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク