副業 サイドビジネス ネットビジネス アフィリエイト 収入

スポンサーリンク

労働トラブル最多は「いじめ」

2017年、全国にある労働局などに寄せられた職場でのトラブルなど、
労働相談の内容として一番多かったのは、

 

いじめ。

 

 

パワーハラスメントを含むいじめ・嫌がらせ」の相談が7万2067件で全体の23・6%を占めたとの結果が公表されています。

 

パワハラを含むいじめや嫌がらせが6年連続で相談数最多となりました。

 

2016年度より1・6%増加していて、15年連続で増加してるとのことです。

 

 

これは厚生労働省が発表しているデータです。

 

皆さんはどう思いますか?

 

 

大人の世界でもいじめはあります。

 

もし、自分がいじめにあったらどのような対処をするか。

 

 

選択肢としては、

 

上司に相談する

 

会社に報告する

 

会社を辞めて転職する

 

 

会社を辞めて独立開業する

 

 

いじめてくる人間達に立ち向かう

 

 

選択肢はいくつかあります。

 

 

どれか正解となるかは人それぞれですね。

 

 

その会社にどうしても在籍していないといけない理由があるのか。

 

在宅ワークや独立開業で稼ぎたいと考えるか。

 

 

雇われることをやめて自分で開業したり、なにか違う稼ぎ方を始めようとすることは不安との闘いが発生します。

 

この不安と、今の会社にいることに関しての不満や辛いことなどを比較すると、

 

新しいことを始めることのほうを避け、そのまま雇われている道を選んでいる人の方が多いのではないでしょうか。

 

 

私の身近にはたくさんいます。

 

 

会社の愚痴は言うけどやめない。

 

いつまでたっても辞めない。

 

 

いつまで経っても愚痴を言うだけの人はたくさんいます。

 

 

 

本当にこれでいいのでしょうか。

 

 

本人達によく言っているんです。

 

 

「そんなに辛いことに耐えて働ける力があるのなら、その力をもっと自分の為に使って、

 

もっと自由に、もっと稼げる可能性がある道にチャレンジしてみたらどう?」

 

 

でも、みんな辞めません。

 

 

口をそろえて言うことは、

 

「失敗したらどうするの?」

 

 

失敗が恐いようです。

 

 

 

だから言っているんです。

 

「人生を破滅させるほどリスクのあることをやれば?なんて一言も言っていないよ。

 

もし失敗することがあるとしても、そのあととんでもない多額の借金を背負ったり、

 

どうすることもできないような事態にならないように、リスクの限度を決めてやればいいだけだよ。

 

 

今現在、そんなに辛い会社勤めができるんだから、もし失敗したとしても、

 

その時はまた働きに行けばいいだけじゃん。

 

 

失敗するか成功するかはチャレンジしてみなければ結果はわからないけど、

 

成功したら、

 

自由な時間をもっと作れて、

 

今よりももっと収入を増やすことができるんだよ。

 

チャレンジしないで辛いままの今を継続させるより、

 

自分が描く理想にチャレンジしてみてから答えをだしてもいいんじゃない?」

 

 

それでも一杯が恐いから無理、自分には無理っていうひとがとても多くいます。

 

 

多くの人が、「稼ぐこと」を難しく考えすぎだと思います。

 

 

例えばですよ、メルカリやヤフオクやamazonやバイマなどをみてください。

 

それぞれのサイトやアプリ全体でとんでもない金額の売上があります。

 

 

子の売上の元は、普通の人達が商売をしている結果です。

 

 

不用品を集めて売ったり、ネットサイトやフリマなどから仕入れを行い売ったり、
ハンドメイド商品を売ったり、農家の人が野菜や欲しい芋を売ったりしているだけです。

 

 

誰も特別難しいことなんてしていないんですよ。

 

 

調べればわかること、調べれば実行できること、やれば誰にでもできることはいくらでもあります。

 

 

 

イジメやパワハラなどに耐えることができるというのはそれも「力」です。

 

ただ、イジメやパワハラなどをしてくるバ●な人達にその力を注ぐより、

 

もっと自分のためにその「力」を使ってほしいと思います。

 

もったいないと思うんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク