スポンサーリンク

思考も体も何も使わないで得をできないと文句?

このサイトでは「稼ぐ」ということをテーマにしているので、稼ぐことに関して書こうと思いますが、さあどうなるか。

 

 

 

例えば、このサイトでも記事にしている「せどり」「転売」です。

 

 

せどり転売で稼いでいる方の多くは、どんなものなら売れるか・仕入れ値・売却までの期間・値付け・価格改定・売れるための商品紹介文などの工夫・ネットショップや問屋や実店舗などをチェックして次の商品の発掘・常に様々な情報収集など、思考と体を資本としています。

 

もちろん、仕入れ資金・一旦在庫として保管して売るタイミングを適切な時期にすることもあるのでお金も資本です。

 

絶対に100%売れるかは誰も確約してくれません。

 

自己判断ですので、商品すべてでの計算ではなく単体の計算では、売れずに損をすることもあります。

 

 

このあたりは余分な話でしょうから話を戻すと、せどり転売目的の業者、その商品を自己使用する目的の一般消費者、購入する理由は異なっても商品を手にするための努力が必要なのはどちらも同じことが多いはずです。

 

 

せどり転売目的でどうしてもその商品を欲しい!

 

 

自己使用目的でその商品をどうしても欲しい!

 

 

だとしたら、発売日はいつ頃なのか・いつどこに行けば買える確率が高くなるかなどを事前に調べて実行することが必要ですが、これを行ったか。

 

 

 

これを行ってすらいないのに、プレミア価格として定価より高く売っている業者を非難する評価をしている方には疑問です。

 

 

 

仮に、自身で定価で購入するとしたら、調べる時間が必要ですし、店や会場に行くために会社を休んだりしなければいけないこともあります。

 

 

さらに、買いに行くためには交通費などの出費が発生することもあります。

 

 

 

定価で購入するためには、これらの出費が発生してしまう方が多いと思います。

 

 

 

こういったことを考慮しても、それでもせどり転売をする業者は非難されてしまうのか。

 

 

人それぞれ考えは異なるので仕方がないことですが、これをわざわざマイナス評価としてアマゾンやオークションサイトなどに評価することには疑問です。

 

 

 

 

定価より高くなってプレミア価格になっていても、それでも欲しい人は買えばいいですし、プレミア価格ではいらないというなら買わなければいいわけですが、

 

「欲しいから買ったけどプレミア価格だなんてぼったくりだ」と、マイナス評価をする人。

 

 

アマゾンを例にしてみると、アマゾンの場合は業者として販売登録して商品販売をしている方と、自己使用しなくなったものなどを売るために販売登録している個人の両者が混じって出店しています。

 

 

ですので、購入していたけど未使用で未開封だった商品を出品したら、たまたまプレミア価格になっている商品だったので、まわりの相場に合わせたら高く売れたということはよくあります。

 

 

一例をあげると、ミュージックCDやDVDがあります。

 

 

生産終了したもの、初盤限定品・ボックスタイプのものなど、多くの歌手のCDやDVDがプレミア価格となっています。

 

これらのなかには、新品ではなく中古のものでも高値になるものがたくさんあります。

 

オークションサイトやアプリサイトでも確認できます。

 

 

 

 

生活の中では、個人の力ではどうすることもできず、思いどおりにならないことはいくつもあります。

 

その中の一つに「物の値段」が入るのではないでしょうか。

 

 

 

 

と、このように書いていますが、2015年でしたでしょうか、地方のスタバがオープンの日、個数限定のものを数人の男が買い占めていったということがニュースになっていましたが、このような事例はしっくりきませんけどね。

 

 

目の前に、その商品を欲しくて並んでいる方が他にも大勢いるのに、越井限定商品をすべて手にしていく。

 

おそらく転売目的だったのでしょうけど、さすがにやりすぎですね。

 

 

この場合、スタバ店員さんの対応も問題でしたけどね、なぜ数名の男性グループの人間にすべて渡してしまったのか。

 

行列の具合から見て、お1人様1個などの制限をしてもよかったでしょう。

 

 

 

オークションサイトやフリマアプリやアマゾンなど、多くで評価制度がありますが、見ていると悪意のある評価をされたり、購入者の落ち度で使用できなかったことなどが出品者のマイナス評価されていたり、おかしな評価がたくさんあります。

 

なんとかならないものですかね。

 

 

あまりにも悪質な評価に対しては運営者側で削除してくれる場合もありますが・・・。

 

 

 

他には、ひどい購入者の場合は新品未開封の商品を買っておいて、実際には使用したでしょう、ところが使用できなかったと嘘をついて返品してくる人もいます。

 

 

 

 

 

以上、なんとなく書きたくなった独り言でした。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク