スポンサーリンク

賃料3万円以下の格安賃貸物件

 

希望の金額を「稼ぐ」「収入を得る」ためには、住居が必要となる場合があります。

 

低収入の場合、賃貸物件を借りるのは困難な方もいますが、例えばアルバイトであっても収入があり、勤務している証明書を獲ることができれば借りれる場合はけっこうあります。

 

 

日本全国に3万円以下で借りれる賃貸物件があります。

 

アパート、築年数がかなり古い物件のマンション、心理的瑕疵のあるマンションアパート、田舎にある戸建物件など、たくさんあります。

 

安い賃料ですので贅沢な希望は無理ですが、ホームレス状態や、マンガ喫茶やインターネットカフェ生活よりは落ち着くことができ、精神的には安定し活力を得ることができることもあります。

 

 

3万円以下の格安賃貸物件は、東京都内にもたくさんあります。

 

ただ、アットホームやスーモなどの賃貸物件情報サイトには掲載されていない場合が多くあります。

 

これには訳があります。

 

アットホームやスーモなどの賃貸物件情報会社は、インターネットサイトと情報誌の2種類あるのですが、不動産会社がこれらに物件情報を掲載する場合は、インターネットサイトに1物件掲載で○○○円の掲載料、情報誌に1物件掲載するには○○○円の掲載料となっており、それぞれに掲載料を払わないといけません。

 

 

このため、やたらに物件情報を掲載することができませんので、どの物件を掲載したら集客できるかを考えて広告掲載たり、その時に力を入れている物件を広告掲載します。

 

こういったことから、築年数が古く賃料が安い物件を広告掲載するよりも、ある程度の賃料設定である物件や新築や人気のある物件の広告を掲載するほうが不動産業者にとっては利益を得やすいため、3万円以下などの格安賃貸物件が物件情報サイトなどに広告掲載されていることは多くありません。

 

 

なので、格安の賃貸物件を探す場合は、直接不動産業者に訪問するほうが見つかりやすい場合が多くあります。

 

 

 

ただ、やたらに訪問しても疲れてしまいますので、まずは電話をかけてみましょう。

 

 

不動産業者の対応はどうか、親切丁寧か、わかりやすく説明してくれるか、感じよく接客してくれるか、積極的に物件探しをしてくれそうか、いろいろと判断できるきっかけにもなります。

 

 

こういった業者には注意が必要?

ここに記載してあることが一概に全て悪質というわけではありませんが、

 

礼金が2カ月や3カ月分、仲介手数料の他に契約事務手数料○○○円、仲介業者指定の○○サービスに要加入、物件を確保しておくから○○○円など、仲介手数料の他になんらかの名目でたらと費用増ししている業者には注意が必要な場合が多くあります。

 

 

地域の慣習によって基本的な費用は異なりますが、慣習や宅建業法からすると、

 

仲介手数料
当月賃料(日割り)
敷金0~3カ月分

 

これらが基本的な費用です。

 

これら以外にいくつもの名目で加算がある場合は、急がずに他の物件を検討するほうがいいと思います。

 

 

入居する時は安くても、退去するときに高額請求してくる業者もいます。

 

トラブルになった場合などは、宅建協会や全日本不動産協会など、その仲介業者が加盟している協会に相談しましょう。

 

協会に加盟していない業者などの場合や、協会に相談しても解決できそうもない場合は、県庁などにある宅建業免許業者に対して行政指導などを行える課に相談しましょう。

 

 

 

心配な場合は社名を検索

 

希望の物件情報をみつけた場合や、案内などもしてもらって契約しようか悩んだ場合は、インターネットで仲介会社の社名を検索したり、「地域名+仲介+評判」などで検索してみると、トラブルを起こした仲介業者や管理会社などがヒットする場合が多くあります。

 

これらが全て正しい情報かは確定できませんが、これからどうするかを検討する上で参考になることが多くあります。

 

 

絶対に即決しないこと!

物件案内等が済み、どの物件にするかは慎重に検討しましょう。

 

立地・周辺環境、コンセントの位置・費用・契約内容など、よく確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク