YouTube動画で稼ぐユーチューバー!その年収がスゴイ!ランキングは?

スポンサーリンク

ユーチューバーの年収がスゴイ!

2016年ではピコ太郎さんが話題となり、ここでも収入はどうなるのかが話題となりました。

 

ピコ太郎さんのYouTube動画収入は2,000万円を超えると推測されています。

 

ピコ太郎さんはavex所属のタレントなので、YouTubeの収益が全部ピコ太郎さんに入るというわけではないのですが、

 

それでも2,000万円を超えると推測できます。

 

1再生あたり、0.1円~0.3円くらいが相場だと言われているYouTubeの広告収入ですが、YouTube広告を表示しているアドセンスが収益の公開を禁止しているので、どなたも証拠画面などは公開していません。

 

 

ピコ太郎さんは古坂大魔王というタレントさんというか歌手なのか、mihimaruGTなどのライブコンサートにも出演していました。

 

ピコ太郎で有名になる前も、ちらほらテレビ番組に出演していました。

 

 

さて、ピコ太郎さんのお話はここまでとして、話題のユーチューバーですが、

 

海外ではユーチューバー(YouTuber)とは呼ばれておらず、

 

YouTubeスター

 

YouTubeパーソナリティ

 

YouTubeセレブリティ

 

このように呼ばれています。

 

 

日本ではユーチューバーのほうが馴染みがありますね。

 

 

ユーチューバーの指定年収ランキング

 

ユーチューバーのランキングを調べてみると、

 

第1位:HIKAKIN(ヒカキン) 推定年収1億1000万円

 

第2位:マックスむらい 推定年収8000万円

 

第3位:Kan&Aki’s CHANNEL 推定年収7000万円

 

第4位:レオンチャンネル 推定年収6000万円

 

第5位:はじめしゃちょー 推定年収5000万円

 

 

このほか、
赤髪のとも
コスケ
ワタナベマホト
SEIKIN
PDS株式会社
これらの方の名前がでてきました。

 

ほかにも高収入の方がたくさんいますが、ここではその一部の方を紹介させていただきました。
HIKAKIN(ヒカキン)さんはテレビ番組にも時々出演していますね。

 

ユーチューバーとして稼いでいるスゴイ人ということで番組内に出演していたのを何度か見たことがあります。

 

 

ほかにも、ランキング内によく名前があるのがKan&Aki’s CHANNELさんです。

 

推定年収が7000万円、すごいですね。

 

 

上記の方達のように、ネット上やテレビ番組出演で有名になっている方以外でも、YouTube動画で高収入を得ている方は日本国内にもいます。

 

 

世界で観てみると、YouTubeの動画収益だけで14億円や10億円など、10億円を稼いでいる方がいます。
数億円稼いでいる方も数人います。

 

 

Youtubeの視聴者数は世界で10億人以上と言われています。

 

日本では約5000万人位が視聴していると言われています。

 

YouTubeの存在感や影響力は世界中ですごいことになっています。

 

 

稼げるはずです。

 

 

 

 

YouTubeで稼ぐ仕組み

YouTubeは無料で観ることができる動画サイトです。

 

世界中の企業や個人が動画をアップしています。

 

この動画の中に広告を表示させ、広告収入で稼ぐことができます。

 

動画の下部に「細長い広告」や、動画を再生すると「〇秒後にスキップできます 」と表示されている広告を見たことがありませんか?

 

これらの広告がユーチューバーの収入となります。

 

1再生あたり0.1円~0.3円位と言われているのでたくさん再生してもらわないと収益にならない、稼ぐなんて難しいんじゃないかと思う方もいると思います。

 

 

たしかに、動画を1つアップしただけで高収入を稼ぐのは無理でしょう。

 

ですが、いくつもの動画をアップしていくことで、1つでは少額しかかせげなくても動画の数が増えれば増えるほど高収入とさせることが可能です。

 

その証拠に、動画1つだけをアップして、この1つの動画だけで高収入を得ている人を私は知りません。

 

なので、継続して動画をアップすることが稼ぐポイントの一つです。

 

 

 

再生回数が多い動画のポイント

キャラを作る!

 

トレンドに乗る!(一番大事です)

 

再生開始時に視聴者の心を掴める工夫

 

これらが重要なポイントとなります。

 

 

人気のユーチューバーと言われている人たちは皆さんキャラがあります。

 

キャラがあることで覚えてもらいやすい、おもしろい、親しみやすいなどのメリットが発生します。

 

トレンドに乗るというのは、例えば2016年に話題となったピコ太郎さんや星野源さんの「恋」PVの恋ダンス(新垣結衣さん主演のドラマ逃げるは恥だが役に立つのエンディングで話題)がYouTubeの動画再生数で話題になりました。

 

これらのように話題になった動画、トレンドになった動画の関連動画をアップすることです。

 

例えば、あなたがピコ太郎さんの真似をした動画や、恋ダンスを踊っている動画、これら関連した動画の再生数も増えていくのがYouTubeのポイントです。

 

ピコ太郎さんが出演した番組などをアップしている方もいますが、著作権に触れる可能性があるものは避けておく方が無難です。
それでも、番組をアップしている方はたくさんいますので自己責任ですね。

 

 

そして動画の最初、いくらおもしろ部分が含まれている動画でも、最初がつまらないと他の動画へ移動されてしまいます。
なので、動画の最初で視聴者を逃さない工夫もできればいいですね。

 

 

※自身が主演する動画の場合は、自宅が世間に知られてしまわないように、個人情報が公にされないように十分に気を付けましょう。

 

 

「ちょっと難しい?」と思った方にはこちら。

 

だれもが面倒な撮影などの準備無しで、人気の動画をYouTubeにアップする人気の方法があります。

 

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-

 

YouTubeにやたらと動画をアップしても稼ぐことはできません。

 

無名の一般人の方が効率よく稼げるように工夫するにはとても役に立ちます。

 

 

YouTubeを見ていればわかるのですが、動画内にフレームがあって、このフレームの内側で動画が再生されているものを見たことはありませんか?

 

人気で再生回数の多い動画のなかによくあるのですが、この秘密がわかります。

 

あなたも簡単に人気の動画を大変な準備無しでアップできます。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク