スポンサーリンク

アマゾンギフト メールタイプとは

大手通販サイトのアマゾンでの買い物に利用できるギフトがあります。

 

ギフトの金額については、贈り主が細かく自由に設定することができます。

 

贈る方法については、コンビニやアマゾンで売っているカードタイプと、メールで送れるメールタイプのギフトがあります。

 

 

カードタイプは、カードをお渡しして、受け取り側がカードに記載されている番号を、自身のアマゾンアカウントにチャージすることでショッピングに利用できます。

 

アマゾンギフト メールタイプは、贈り主がアマゾンで注文手続きをする際、渡したい相手のメールアドレスを入力することで、お相手のメールアドレスにギフトを贈ります。

 

アマゾンから送信されたギフトメールの本文に、ギフト番号が書かれているので、受取人はこの番号を自身のアマゾンアカウントにチャージすることでショッピングに利用できるようになります。

 

 

スマホのメールアドレスにもギフトを贈れる?

 

パソコンで利用しているメールアドレスではなく、携帯電話会社のメールアドレスにも贈ることができます。

 

 

 

アマゾンギフトメールタイプを贈れたか確認できる?

 

アマゾンからお相手にメールタイプのギフトを送信された際、相手のアドレスが存在しなかったり、迷惑メール設定されていて送れなかった場合などは、注文者(贈り主)のメールアドレスに、

 

「 Amazon.co.jp でAmazon Gift Cards Japan株式会社が発行するAmazonギフト券をご注文いただきありがとうございます。
購入されたAmazonギフト券(Eメールタイプ/注文番号:#○○○-○○○○○○○-○○○○○○○)が、送信先アドレス不明のため返送されたことをお知らせいたします。」

 

このような案内メールが送られますので、お相手のメールアドレスを確認して、再度アマゾンギフト メールタイプを再送することができます。
再度、アマゾンギフトメールタイプを注文する必要はありません。

 

 

アマゾンギフトメールタイプを一度自分のメールアドレスに送った後、自分のメールアドレスから他の人に贈ることはできる?

できます。
受信したリンク先URLをコピーして、相手に送信すればいいだけです。

 

 

 

アマゾンギフトメールタイプは買取してもらうことができる?

できます。

 

ヤフオク・メルカリ・モバオク・ラクオクなどで売却できます。

 

売買が成立したら、アマゾンギフトメールタイプの中にあった番号を相手に伝えればギフトの受け渡し完了です。

 

買い取り業者に買い取ってもらう場合も、番号をメールで送ればいいだけです。

 

 

ただし、アマゾンギフトメールタイプやカードの場合でも、既に自身のアマゾンアカウントにチャージしてしまった後に売却することはできません。

 

売却する可能性がある場合は、ギフトの番号をアマゾンアカウントにチャージしないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク