スポンサーリンク

1枚十数万になる嵐チケット!ついに顔認証導入!

人気アイドルグループの嵐。

 

この嵐のライブチケットも高額に化けるチケットの一つです。

 

本来の価格は1万円ほど。

 

 

ところが、売りに出せば1枚あたり十数万円にはなる超人気のチケットです。

 

出品者の中には、1枚あたり20万円以上で出品していた方もいます。

 

 

 

顔認証のお知らせがあったのは2016年2月のファンクラブ会員へのメール。

 

 

 

嵐のチケットを入手するにはファンクラブに入会していることが第一条件となる。

 

そしてさらに抽選となり、ファンクラブに入会しているといってもチケットを購入できない方は多数。

 

 

本当の嵐ファンでファンクラブに入会していてもチケットの抽選に外れる。

 

こうなると、ネット上などで転売されているチケットを入手できることにありがたみを感じるファンもいる。

 

 

ですが、顔認証が行われるとなると、売り主と顔が似ている人であれば入場できてしまう可能性はある。

 

いまのところ具体的な顔認証方法が決まってないようだからです。

 

おそらく、最初は会場スタッフによる目視による確認になるのではないかと予想。

 

 

SMAP騒動の際、ジャニーズ事務所はファンの行動を観て考えを変えた可能性があることから、顔認証についても様々な意見があるので、いきなり高額な設備を購入して顔認証することはないと思います。

 

もちろん、これはジャニーズ事務所にしかわからないことなので、あくまで予想の範囲ですけどね。

 

 

しかし、本当にしっかりとした顔認証を行うのであれば、会場スタッフによる目視や設備によるチェックと、購入者の身分証提示とセットでチェックとなれば、もう本当に購入者本人しか入場できなくなるのではないでしょうか。

 

 

 

チケットを購入したかったけど、購入できなかったひとにとってはネットなどでの転売チケットでもありがたい。

 

チケットを購入したけど、仕事の都合や、突然の家族の不幸など家庭の事情などでライブに行けなくなってしまったひとにとっては、顔認証があるため転売完全不可となればお金を捨てることになる。

 

 

顔認証となれば、転売目的でファンクラブに入会している人は転売ができなくなるためファンクラブを脱会する。
すると、けっこうな数のファンクラブ会員が減ることから、このあたりジャニーズ事務所のとって問題となることも考えられる。

 

 

 

転売目的のファンクラブ会員が減ることでチケットを購入しやすくなると考える人もいるが、転売目的のファンクラブ会員が減るのならチケットを入手しやすくなるかもしれないと考え、チケット購入を諦めていたファンなどが新たにファンクラブに入会してきて、結局はチケットを購入できる可能性はさほど変化なしということもあり得る。

 

 

立場の違う人間の様々な思惑や考えなどいろいろですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク