クレジットカードを作る

スポンサーリンク

クレジットカードを作る

 

どんなことで開業したり稼ぎたいかにもよりますが、クレジットカードを必要とする機会は多くあります。

 

例えばあなたがネットショップを開業して、お客様がクレジット決済を選択できるようにしておきたい場合、
ペイパルの利用登録をしておくことでクレジット決済できるようになりますし、分割払いを受け付けることができるようになります。

 

ですが、このペイパルのビジネスアカウントを作って決済受付や分割払いを受け付けることができるようにするためには、あなた自身がクレジットカードを持っていないとアカウント登録できません。

 

 

他には、例えばビットコインなどの仮想通貨や暗号通貨を購入したい場合、クレジットカードで購入できます。
ビットフライヤーならクレジットカードでビットコインを購入できます。
2018年からクレジットカードでの仮想通貨購入はできなくなりました。

 

 

 

ポイントなどが貯まるカードであれば、参考資料や備品などを購入するときにカード払いにしておくことでポイントが貯まってお得です。

 

 

どのカードでもいいので、1枚はクレジットカードを用意しておきましょう。

 

 

使用頻度が分からない場合は、年会費無料のクレジットカードを選択しておけば無駄な出費はありません。

 

不定期ですが、ネット申し込みからだと「5000円分のポイントをもらえる」などのお得なキャンペーンが実施されていることがありますので、
下記のサイトにアクセスして確認してみてください。

 

 

主婦の方や低所得だから、カードをつくれるか不安という場合は、
楽天カードやイオンカードがおすすめです。

 

もちろん審査はありますが、無事にカード発行をしてもらえている方が多いカードです。

 

審査が不安、カード発行してもらえる確率を上げたいと思う場合は、申し込む際にキャッシング枠を0円にしておくほうがいいです。
または、せいぜい10万円にしておきましょう。

 

既にある借入金額等、ウソの情報を書いて申し込んでも信用情報機関の情報から発覚してしまいます。
ウソの情報を書かないようにすることもポイントです。

 

既に個人事業主の方の場合、プライベート用の携帯電話の番号だけではなく、固定電話や050ナンバーなどで仕事用の番号も書いて申し込めるといいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク