スポンサーリンク

東京オリンピック ボート会場問題

2016年10月17日 記事

 

 

東京オリンピック ボート競技。

 

今、この会場をどこにするのかが問題になっています。

 

東京オリンピックということなので、東京の会場として準備が進められていた場所があるのですが、海水・波・工事費用などの問題で、宮城(長沼ボート場)や埼玉(彩湖)の会場がとりあげられています。

 

 

個人的に思うことですが、宮城の会場はいかがなものかと思います。

 

宮城県知事は「復興」を含めたオリンピックといったことを言っておりますが、聞いている限りでは仮設住宅の処理問題とあわせているように思えます。

 

ニュースでは、仮設住宅のリフォームを行い、騒音も大丈夫だと言っていましたが、騒音も大丈夫なほどの改善工事を仮設住宅に行うなんて無駄な税金投入だと思いました。

 

仮設住宅は仮設住宅です。

 

「復興」という言葉をつかって誘致をするというのはしっくりきません。

 

 

基本的には、復興は復興、オリンピックはオリンピックで良いと思うんです。

 

 

人間の心理として、「復興」と聞けば良いことだと思う人がたくさんいると思うんです。

 

 

良いことなんだから、オリンピックも良いことになる場所で行うのが一番だと思う人もいると思います。

 

 

その代表が宮城県知事だと思うんですけどね。

 

 

でも、復興は復興、仮設住宅の処理の問題を「復興」という言葉をつかって処理しようとしてるとも思えるんです。

 

 

しかも、復興といいながらボート会場の工事費としても何百億という税金が使われることになるんです。

 

税金投入だと思っていたら、宮城県知事は、整備費用の財源は震災をうけて寄せられた寄付金による「東日本大震災復興基金」や起債などで賄い、
国の復興予算は活用しない考えを示しました。

 

震災で受けた寄付金をオリンピックでつかうなんて詐欺みたいなものだと思うんですけどね。

 

 

何百億円という工事費をつかって仮設住宅のリフォームや会場工事を行って、オリンピック終了後に有効活用できる場所(ボート会場)となることは可能なのでしょうか。

 

有効活用がまったくできないだろうとは思いませんが、活用できる度数を数値にしたら、埼玉の彩湖のほうが上だと思うんですけどね。

 

 

宮城県知事だったか、どなたかが言っていたんですが、ラグビーの花園、野球の甲子園と言われているように、ボートの長沼と言われるようにしたいと言っていた方がいました。

 

ボートの長沼と言われるようにしたいと思う気持ちは自由ですから、それはオリンピックという力を借りないで自分たちで行えばいいと思うんですね。

 

 

復興はもちろん大事です、ですが、大事なことは他にもあるわけです。

 

本当に無駄にならない税金投入になる場所はどこか、アスリートにとってはどこがいいのか、観客や関係者の宿泊施設や移動に関する問題など、様々なことを考えた場合にどこがいいのか。

 

もし、会場が宮城にならなかったとしても被災者いじめではないです。

 

 

どこに住んでいる方にとっても、地元や自分の住んでいるところがオリンピック会場になるとなれば喜ぶ方は多いのではないでしょうか。

 

 

小池都知事には、埼玉県知事との関係において個人的な感情を抜きにして、慎重に判断していただきたいですね。

 

 

個人的には、埼玉の彩湖が良いと思っています。

 

しかし、小池都知事の立場からすると、工事費用などの出費が東京都になるより、宮城県になればありがたいという気持ちもあるのかもしれませんしね。

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク