副業 サイドビジネスのちょっとした資金 資本の集め方

スポンサーリンク

資金の集め方(作り方)

 

 

どのような仕事で開業をするかによって必要な開業資金等は異なります。

 

パソコンを買う場合

 

スマホを買う場合

 

モバイルルータを買う場合など

 

インターネットをつかって稼ぐ場合には新しく購入したり買いかえたりといったことがあります。

 

このような場合はお金が必要になりますし、分割払いができれば便利ですよね。

 

 

 

 

 

このページでは、開業資金の作り方をいくつか紹介します。

 

このサイトにたどり着く方のなかには公的な助成金や貸付制度を利用するの難しい方がいらっしゃると思います。
住民税等の税金を払っていない・住所不定・事業計画がしっかりできていない・事業計画書の内容が悪い・事業所が無いなど、このような場合は利用させてもらうのは難しいです。

 

また、飲食業等であれば公的な助成金や貸付制度がいくつかありますが、当サイトで紹介している稼ぎ方の多くには利用することができない場合がほとんどなので記載を控えます。
(ただし、行政等によっては当サイト内で紹介している事業内容でも助成金や貸付制度を利用できる場合もあるので、気になる方は開業予定地域の市役所や商工会議所などで調べてください。)

 

 

ここでは、税金の滞納等は関係なく、最低限として「免許証や健康保険証等の身分証明書がある」・「郵便物等を受け取ることができる」・「銀行口座がある」、この条件が揃っているかたであれば借りたり収入として開業資金をつくれる方法を紹介します。

 

 

 

治験ボランティアで協力費を得て稼ぐ

性別や職業などに関係なく、主婦・フリーター・求職中・サラリーマンの方など、日程や内容が希望と合えば協力費として収入を得ることができるのが治験ボランティアです。
世間で言われているブラック企業にアルバイトに行ったけど理不尽な理由でバイト代がもらえない!減額されたという心配が不要です。

 

 

 

 

 

 

キャッシング枠を利用して資金をつくる

 

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠を利用するのも方法のひとつです。

 

すでにクレジットカードを持っている方は、キャッシング枠の利用可能額をチェックしてみましょう。

 

開業を検討しているけど迷っている場合でも、現在働いているのであれば、念のため一枚つくっておくと便利です。

 

流通系のカードであるコンビニエンスストアのカードや、イオンや楽天のカードなどが比較的つくりやすい傾向にあります。

 

限度額は、属性やカード会社によって異なります。

 

 

パートやアルバイトの方・主婦など、女性の方など、収入が少なめの方でも申し込み可能な、この2社のカードがおすすめです。

 

 

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのセブン&アイ・グループをよく利用する方にはこちらがおすすめです。

 

 

 

イオンをよく利用される方にはイオンカード。

 

イオンカードセレクト
セレクトのほうがポイントなどの特典は多くありますが、イオン銀行の口座を開設する必要があります。

 

 

同時申し込みはしないほうがいいです。

 

まずはどちらか1社に申し込んでみましょう。

 

もし否決(カードがつくれなかった場合)は6ヶ月間待ってから他社に申し込みする方がいいです。

 

信用情報機関に否決情報が登録されるので、否決情報が重なってしまうと、他社のカードに申し込んでも同じく否決される可能性を高めてしまう場合もあります。

 

 

 

 

消費者金融系カードのキャッシング枠

消費者金融系のカードでも、アコムのようにクレジットカード機能がついたカードがあります。

 

キャッシング枠も利用できるし、クレジットカードなのでショッピングの分割払いもできるので便利です。

 

クレジットカードにつていは、無くてもどうにかなりますが、持っている方がなにかと便利です。

 

特に、インターネット通販で買う方が安い商品はたくさんあります。

 

カードが会社のポイントもついてお得になります。

 

今では個人のショップでも簡単にカード決済を利用できるようになりましたが、これを利用するにもクレジットカードを持っていないと利用できないことが多くあります。

 

 

 

自己アフィリ セルフバックで資金をつくる

 

アフィリエイトを知っていますか?

 

ホームページに広告を貼って、それをクリックしてサイトに進み買い物をしてくれた場合に、広告を貼ってくれていた方に報酬がはいるものです。

 

広告主と広告を貼りたい方の間に仲介会社がありますので、この仲介会社に登録することでたくさんの企業の広告を扱える(貼れる)ようになります。
有名なのはA8という仲介サイトです。

 

 

長年営業しており、上場もした信用できる仲介会社ですので安心してください。

 

ここに登録後、サイト内で「セルフバック」のページをみてください。

 

 

 

 

このページ内で紹介されているクレジットカードをつくったりサービスに申し込んだり、
商品を買ったりすることで、買ったりした本人も報酬をもらえることができます。

 

例えば、クレジットカードをつくれる方の場合、A8サイト経由からの申し込みで1,000円~10,000円をもらうことができます。
もらえる金額はカード会社によって異なります。

 

ダイ○ースカードを発行してもらえる方の場合、最大で4万円もらうことができます。
(2015年7月現在、以降未確認)

 

 

ですが、この場合でもクレジットカードの年会費がかかるので、差し引きすると減額です。
年会費のかからないクレジットカードに申し込めば、このセルフバック報酬は全額手にすることができます。

 

A8に登録してチェックしてみてください。

 

 

 

FX口座開設などのキャンペーン活用

 

多くの証券会社が、FX口座の開設や証券口座の開設で○○○円キャッシュバックなどのキャンペーンを行っています。
条件としては、証券会社が指定している金額を口座に入金して一回は取引する必要があるなど、証券会社によってキャッシュバック条件は異なりますが、
これだけで現金をいただけます。

 

手持ち資金にゆとりのある方の場合、複数の証券会社に口座を開設して20万円以上の収入をつくった方もいます。

 

証券会社のホームページに直接進んで口座を開設してもいいですし、A8に登録後に「セルフバック」してもらえる証券会社を選んで口座を開設するといった2つの方法があります。

 

 

 

個人間の金銭貸借契約で資金をつくる

借金をするということです。
契約事項が詳細に定められた金銭貸借契約書しっかり作成し、事業計画を説明すれば少額であれば貸してくれるという方はいます。

 

このサイトで紹介していることのほとんどは少額で開業可能なので、貸してくれそうな方がいる場合には相談してみるというのも方法です。

 

 

 

とにかく節約する

これは間接的な方法だとは思いますが、節約して溜めるというのも資金をつくるための方法です。

 

無駄に支払っていることが多い事例の一つがスマホの契約です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどで契約している方の多くの場合、かなり無駄な出費をしている方が多いです。

 

ネット通販や秋葉原などで格安スマホを買い、「OCN」や「I IJ mio」などのSIMカードにすれば毎月1,000円以下の通信料にすることができます。
7G使うという方でも、これらのMVNO格安通信カード(格安SIM)にすれば3,000以下で利用できます。

 

最初に格安スマホ購入代が必要になってしまいますが、これさえなんとかできれば毎月を出費を減額させることができます。

 

 

 

出資してもらって資金をつくる

 

法人をつくれる資金があるという方は、「少人数私募債」や「株券発行」などで資金をつくるこtもできます。
少人数私募債は、年利2%~5%の利息をつけ、定めた期日に返還するというものです。
事業内容等にもよりますが、2年~3年の場合が多いと思います。

 

株券発行は、少人数私募債や借入金とは異なり、株を買ってもらうことで資金とするものなので返済の必要はありません。
利益がでた場合の配当等を定めておく必要はありますが、事業が失敗したとしても返済の必要はありません。
ただ、よほどの信用がある方で無いと株式を購入してもらうのは難しいです。

 

番外編的な方法ですが簡単に書いてみました。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク