スポンサーリンク

鼻を整形 そして失明…

稼ぐ理由はさまざまですよね。

 

生活費

 

夢のため

 

借金

 

養育費

 

介護

 

入院費用

 

整形手術

 

 

今回は、整形手術をしようとしている方向けの記事かもしれません。

 

 

2016年06月のネットニュースにあったのですが、

 

鼻を高くするための整形手術を受けた方が失明をしてしまったとのことです。

 

さらには、皮膚が壊死してしまったとのことです。

 

 

原因は、鼻を高くする場合に使用する充填剤フィラー。

 

 

顔の整形で使われることが多いヒアルロン酸より、矯正後の形が長持ちしやすいことから、使用しているクリニックなどが数年前からあるらしいのです。

 

 

このニュースになっていたのは20代女性。

 

右目の異常などを訴えて病院に行った翌日に目が光を感じなくなり、右眉から鼻にかけての皮膚が壊死。

 

 

病院での検査の結果、充填剤のフィラーが血管に入ってしまい、血流をとめてしまったことが原因らしいです。

 

 

美容クリニックに過失があったということでしょうか。

 

 

鼻のすぐ裏あたりには視神経があることからも、体内に充填剤等を入れることには危険を伴うものですが、失明と皮膚の壊死というのはとても気の毒です。

 

 

鼻を思いどおりの形にすることで、コンプレックスを解消し、明るい生活をおくりたいと願っていたと思います。

 

 

美容クリニックはどういった対応をするのかも気になります。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク