プレミアムフライデー導入? 副業 サイドビジネス ネットビジネス アフィリエイト 収入

スポンサーリンク

プレミアムフライデー導入?

プレミアムフライデーを「導入予定が無い」 55%

 

DeNAトラベルの調べによるとこのような結果になりました。

 

 

バブル全盛期など「ハナキン」と言われていた金曜日。

 

多くの人が飲んで騒いで、マハラジャなど当時有名なディスコではボディコンスーツの綺麗なお姉さんがたくさん!

 

メッシ-君やアッシー君がいて、車はY31シーマ!プレジデント!NSX!BMW!ベンツ!フェラーリ!がトレンドだったのか。

 

不動産は高騰! 日経平均もアゲアゲ!

 

バブリーな時代がありました。

 

そんなハナキンからプレミアムフライデーとなり活気を取り戻せるのか!日本国民の元気を取り戻すことに役に立つのか!

 

 

プレミアムフライデーを既に「導入している」は0.8%、

 

「導入の予定はある」が1.4%になりました。

 

 

導入するかどうか「分からない」は39.5%

 

DeNAトラベルでは「『プレミアムフライデー』という言葉をニュースなどのメディアで見かけることはあっても自分の事として関心をもっていない人や企業が多いようだ」と分析しているようです。

 

 

 

プレミアムフライデーを既に導入している企業はどれくらいあるかというと、
「導入済み」と「導入予定」を合わせて2.2%にとどまったとのことです。

 

 

 「勤務先がプレミアムフライデーを導入したら?」という質問の回答には、

 

「すごくうれしい」43.6%

 

「少しうれしい」23.6%

 

喜べることだと思う方が6割を超える結果でした。

 

 

理由としては

 

「心にゆとりを持てるから」

 

「早い時間からお酒を飲むことができるから」

 

「旅行に行ける機会を増やすことができるから」

 

など。

 

 

 

プレミアムフライデーの導入を、「喜べないだろうな」など否定的に捉えている人は15.7%、

 

その理由としては、

 

「仕事の量は変わらないからどこかにしわ寄せがと心配」

 

「派遣社員だからその分給料が減るからイヤ」

 

などの意見のようでした。

 

 

 

プレミアムフライデーが自分の会社に導入された場合はどのように過ごす予定かという質問の回答には、

 

「旅行」が70.9%と最も多く、

 

次に多かったのが「自宅でゆっくり」(46.4%)、

 

 

そして「買い物をする」(36.0%)、

 

「外で食事する」(33.6%)、

 

「映画鑑賞する」(27.1%)

 

と、これらのことに時間を使いたいという回答が多いという結果でした。

 

 

 

プレミアムフライデーが導入された場合、副業サイドビジネスの時間に使うという方もいると思います。

 

 

「月に一度」と聞くと、とても少ないと時間しかないという認識をしていしまう方もいるとは思いますが、

 

年間で12回のプレミアムフライデーとなり、これが毎年続けばかなりの時間を有効に使えるので、

 

例えばアフィリエイトで稼ぐ為に記事を自分で書いている方の場合は、年間で書ける記事数の増加をさせることができ、

 

アドセンスなどの高校収入増加時期を早めることができますね。

 

 

もちろん、のんびりする時間に使うこともいいですね。

 

外食をしたり旅行に行ったら、それらの写真を記事の素材にしたり、Twitterにアップしてフォロワーが増加するように役立てることもできます。

 

プレミアムフライデーで得る時間に対して、副業などをするために直接的に有効活用もできますし、

 

息抜きリラックスのために外食したり旅行に良く時間につかったら、これらの感想などの記事にできるし集客に利用できる素材をつくることにも利用でき、プレミアムフライデーを間接的に有効活用することもできます。

 

 

プレミアムフライデー導入企業は増えるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク