ビットコイン 決済利用可能店舗が1年で4.6倍に!

スポンサーリンク

ビットコイン 決済利用可能店舗が1年で4.6倍に!

2017年01月10日記事

 

ビットコインを開発した謎の開発者、「サトシ・ナカモト」さんは、
インターネット誕生以来の革新的なテクノロジーを発明したと言えます。

 

このテクノロジーのことを現在では、「ブロックチェーン・テクノロジー」と言います。

 

 

 

 

日本国内で仮想通貨の「ビットコイン」を利用できる店舗が、この1年4倍以上に増えて4000店を超えたとする調査結果がまとまったとのニュースがありました。
(NHKニュース)

 

レジュプレスという「ビットコイン」の決済サービスを展開する企業のまとめによると、
「ビットコイン」で支払いができる国内の店舗は、先月26日(2016年12月26日)の時点でおよそ4200店になったということです。

 

これは、1年前の調査結果の時と比べると4.6倍に上り、飲食店・美容室・ネイルサロン・リフォーム会社など、さまざまな業種に広がってきているとのことです。

 

 

「ビットコイン」と言えば、取り引きを仲介していた東京の業者マウントゴックスが3年前に経営破綻をしたことで利用者の保護が問題となったりビットコイン自体の評判が悪くなりました。

 

ですが、その後に仮想通貨を実際の通貨と交換する業者を登録制にするといった法律が成立したことなどから、ビットコインの取引の人気も復活して利用が広がっています。

 

ビットコインの価格は乱高下することが頻繁にあります。
今年になってからも、最高値を更新したかと思えば、その後に急落し、相変わらず変動が大きいです。

 

ビットコインのETFが誕生との話題があったり、今後の取引数が増加したり、決済利用可能店がさらに増えていくと思います。
ビットコインのETF誕生!

 

 

投機や投資と考えてビットコインの購入をするひとが多いと思いますが、本当に価格の上げ下げが激しいのが特徴と言えますので、購入する場合はゆとり資金で購入するようにしましょう。

 

 

資金にゆとりの無い方にはビットコインは向きません。

 

 

一発狙いがうまくいけばいいですが、失敗したら困る場合はビットコインはやめておきましょう。

 

ただ、取引所によっては、ビットコイン保管中のリスクを補償する損害保険がセットになっているところもありますので、以前と比べれば安心度は少し上がったと言えるのかもしれません。

 

 

参考までに、2017年01月10日の24時間の相場変動は、105,338円~109,365円でした。
1日で数千円の値動きでしたが、乱高下する時は数万円の値動きがあります。

 

 

オプション取引などが好きな方はビットコインの取引も好きかもしれませんね。

 

 

ただ、オプション取引はもっと少ない資金から取引きできるので、ビットコインに興味がある方はオプション取引とはどういったものかも知ってみると選択肢が増えて参考になるかもしれません。

 

 

 

ビットコイン記事一覧ページ

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


スポンサーリンク